本文へ移動

二上りおどり大会 8/13 (月) 18:00 〜 21:00 < 雨天中止 >

三味線、尺八、太鼓の演奏に合わせねり歩く歴史ある二上りおどり。 県無形民俗文化財「二上りおどり」は、江戸時代中期に始まった踊りです。気品と哀調を含んだ独特のリズムに合わせ、四ツ竹を鳴らして踊ります。踊る人と見る人が優雅な熱気を感じ合える夏の夜のひととき。

二上りおどりの歴史・成り立ち

この踊りは、盆踊りの一種と考えられ、江戸時代には旧盆の8月13日から3日間、三味線の「二上り」を基調に胡弓を配した地方【じかた】に合わ せて頭に折笠・頬かむりをし、手に団扇を持ち、町家・武家の人々が思い思いの踊りで三々五々組を作って練り踊ったもので、唄がないのが特徴である。 この踊りは、本来見せる踊りでなく、自ら踊って楽しむものであったため盛衰変遷が激しく、現在の四ツ竹は昭和3年(1928)以降団扇に代えて使われ、かぶりものも鉢巻や手拭に変わり、地方に鉦・太鼓を加え、曲も急テンポになっている。 踊りの起源は定かではないが「二上り」の音曲の流行期や踊りの単純さから見て、江戸中期ごろ江戸詰の福山藩士によって江戸から招来されたと考え られる。他の盆踊りが、おおむね継読をもって構成されるのにくらべ、甚だ音楽的であり、武家的気品と庶民的哀調を巧みに交錯させた独特のリズムとなってい る。
「福山の文化財ー指定・登録文化財概説ー」(福山教育委員会・福山市文化財協会)

二上りおどりの足運び

一般的に、
「横、前、横、前、前、横、前」
といって練習をしている人が多いようです。

募集要項・参加申込書

二上りおどり大会参加団体募集募集要項はこちら

映像で見る二上りおどり

二上りおどりの映像はこちら


TOPへ戻る