「第51回 福山ばら祭2018」お礼

 今年のばら祭は,「福山に恋して 未来に恋して!」をテーマに,51回目の新たな1歩を踏み出す祭りとして,1週間前のキックオフイベントを皮切りに,ばらにちなんだ様々な行事を開催しました。
 街中のばらが満開の中で,市内外から多くの皆さまにご参加をいただき,成功裏のうちに終了することができました。これもひとえにご来場いただいた多くの皆さま,ボランティアを始め運営に携わってくださった皆さま,そして様々な形でご支援・ご協力いただいた企業や団体の皆さまのお蔭と,心より感謝いたしております。
 市民の皆さまや各種団体,行政が一体となってつくり上げる福山ばら祭は,多彩な取組により年々充実しております。 今後も「100万本のばらのまち 福山」にふさわしい,活気あふれる祭りとして開催してまいりますので,引き続き,温かいご支援・ご協力をいただきますようお願い申し上げ,お礼のご挨拶といたします。ありがとうございました。
 
福山祭委員会会長 枝広 直幹
拝啓 時下皆さまにおかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
去る5月19日、20日の両日に開催いたしました「第51回福山ばら祭2018」は皆様のご協力をもちまして大きな事故もなく無事に、また盛大に終えることが出来ましたことをまずはご報告申し上げます。
ご来場いただきました皆さまはもちろんのこと、ボランティアや運営に携わっていただいた多くの方々、ご協賛・ご寄付をいただきました団体、企業の皆さまに、この場をお借りして改めて厚く御礼申し上げます。
本年度は、「福山に恋して 未来に恋して!」をテーマに、多くの来場者の皆さまから愛され続ける祭、100回続く福山ばら祭に向けて、先人たちの歩みに感謝の気持ちを礎に、新たな一歩を踏み出すことができました。
また、溢れる笑顔と賑わいを拝見させていただき、ばら祭を通して、福山のまちだけでなく、「ローズマインド(思いやり・優しさ・助け合いの心)」に満ちた福山市民のファンになっていただけたと感じております。
今後とも、100万本のばらが咲き誇る福山の中心的な祭として発展していけるよう尽力して参りますので、引き続き、皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。
この度は、誠にありがとうございました。 末筆ながら、皆さまのますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
 
福山祭委員会企画実行委員長 宇田 貴美

LINK

公益財団法人JFE21世紀財団
洋服の青山
エフピコ
福山通運
イチフジネットワーク
常石グループ